リクルートカードの審査甘い?通りやすい?

日本では数多くのクレジットカードが存在しており日常生活に浸透していますが国際ブランドと提携しているものが大半です。DinersClibやAMEXは高級ですが、VISAやMasterCard、JCBは一般向で比較的容易に持つことができ国際的に使用することができる心強いアイテムです。三井住友はアメリカ以外の国でイギリスに次いで2番目にVISAと提携した企業でテレビから流れるCMでも有名で名前は聞いたことがあると思います。 MasterCardは幅広い加盟店で決済する事を主眼に置いており消費者金融にライセンスを提供していることでも知られています。 JCBは日本発のカードなので国内では加盟店が多いのですが海外ではイマイチなので心許ないかもしれません。持っていると重宝するクレジットカードは、ポイント還元率が高いリクルートカード。他にもカードを取り扱っている会社が沢山あるのでどこのカード会社で申し込みすれば良いか迷うという考えの人は沢山いると思います。クレジットカードの選び方は年会費や金利などに目を向けてみる事です。 年会費がかかるカードを作りたくない場合は年会費は0円!というクレジットカードを。入会審査に通るか不安な人には、審査が甘いと評判のクレジットカードを。通常何かを購入した際の支払い時にカードを利用しますが支払い以外にもキャッシング機能が使えます。キャッシング機能とは?一例をあげると、急にお金が必要になった時にATMなどからカードを使って現金を取りだす事が出来ます。 ただ、キャッシングをした場合、必ず返済が必要になります。 返済する時は利息も一緒に支払う必要があるのでカードを申し込む時は低利息の会社を選ぶと良いでしょう。金銭的に乏しいときに持っていると便利なクレジットカードでキャッシングをする予定の人は返済時の金利が低いカードが良いでしょう。 ゴールドカードはクラッシックよりも高い付加価値が与えられているので通常会員が利用できないサービスを受けることができます。 昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年、ブラックカードなどの登場で、条件が緩くなってきました。一般カードについても、昔と比べると審査が甘いと言われるカードが増えています。 この会員が享受できる特典はいろいろありますが、一例としては劇場などのチケットの手配、専用の会報誌の提供などがあります。 年会費が無料のクレジットカードもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、こちらから申し込んでも受理されません。他には会社側で規定した以上の利用金額で年会費が不要になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクダイナーズクラブカードでは年間30万円の決済で適用されます。 財布の中の現金が少ないときなどにキャッシュレスでも買い物できる物を持っていると便利です。例えば、買い物に行って会計する時に現金の持ち合わせが足りないこともあると思います。 そんな時、これで支払いをすれば欲しい物を我慢することなく手に入れられます。また、この1枚は支払に使う他キャッシング機能がついているので緊急に現金が必要な時はこれを利用して提携コンビニ・銀行のATMから引き出せます。



リクルートカードは比較的審査が甘いって言われているけど、噂は本当なのでしょうか。こちらのサイトで比較検証されているので、リクルートカードを作りたい人は要チェックです。